就任ご挨拶

-継承と発展-
伊勢ロータリークラブ
2021~2022年度 会長 有田智史
 

この度、伝統ある伊勢ロータリークラブ第71代会長を拝命いたしました。

重責に身が引き締まる思いでございます。1年間どうぞよろしくお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症が世界中で猛威をふるい、経済や我々一人ひとりの生活にも大きな影響を与えました。例会や懇親会の機会も減少し人間関係が希薄化しているように思います。

そこで、ソーシャルディスタンス等、万全の感染症対策を保ち充実したロータリークラブ活動や親睦ができるクラブ運営を目指したいと思います。

シャカール・メータRI会長(2021~2022)は「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」をスローガンに掲げてます。そして「ロータリー奉仕デーを開催しましょうよりよい地域社会を築くためにロータリー会員と市民が共に奉仕活動に参加する日」とあります。そしてRI会長は会員増強に大きな夢にチャレンジをしています。

浦田幸一RI2630地区ガバナー(2021~2022)は地区方針に「つねに超我の奉仕を胸に」とあります。そして地区目標の中のひとつ「超我の奉仕を理解し奉仕を実践する」とありますロータリークラブ結成から約116年その間で変革がありますが超我の奉仕の精神は永遠に引き継がれてます。その精神、超我の奉仕を理解していきたいと思います。

伊勢ロータリークラブの会長として誇りをもって、クラブのお役に立てるよう尽力いたしますのでご支援ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

 

活動方針

1,基隆南ロータリークラブ

姉妹クラブとして締結更新し、より一層の交友関係を推進する。

2,会員増強

会員増強特別プロジェクトチームを編成し純増1名以上を目標にする。

3,各児童養護施設

施設への支援の取り組み方を構築する。

4,親睦活動

各担当例会を意義のある楽しく親睦を図れる例会を奨励する。

5,例会プログラム

親睦と健康(ウオーキング例会など)に重点を置いた例会を奨励する

iserc_2021_kaicho